健康コラム

健康について考えるコラムです。お時間ある時にご覧ください。

呼吸の重要性とカイロプラクティックの関係

私たちは日頃、意識しなくても息を吸ったり吐いたりして呼吸をしています。

そこで今回のコラムでは『なぜ、私たちは呼吸しているのか、どの様に呼吸しているのか』について説明していきます。

私達が呼吸している最大の目的は、酸素を取り込む事で、身体に必要なエネルギーを最も効率良く分解、吸収するためです。
そして、その過程で作られた二酸化炭素は身体に不必要なため体外に排出します。この仕組みを『ガス交換』と呼びます。

では、どの様に呼吸(ガス交換)をするのか。
まず呼吸には外呼吸と内呼吸の2種類があります。
外呼吸とは一般的に知られている外気とのガス交換のことを指し、内呼吸とは外呼吸により得た酸素を肺から血管、細胞へと運び、生まれた二酸化炭素を再び肺へ送り返す循環のことを指します。

息を吸う際は主に横隔膜が収縮し、肋間部と肺が共にふくらみ酸素を取り込みます。
息を吐く時は、逆に横隔膜が弛み、肋間部は元に戻され、肺から空気が押し出されます。

外呼吸や内呼吸に使う筋肉は神経から指令を受けて動いているため、脳に損傷を受けたり神経が切断されてしまうと上手く機能できず、人工呼吸なしでは生きられなくなってしまいます。それほど呼吸とは重要なのです。

カイロプラクティック

その重要な呼吸を効率良く行わせるにはカイロプラクティックがオススメです。
例えば人間は日頃の生活習慣や仕事、疲れなどの影響で次第に重力に押され、楽な姿勢をとってしまいます。疲れ目や長時間の同じ姿勢等が原因で体を丸くするように胸をすぼめている姿勢をとってしまい、肺を抱え込む様な姿勢になってしまいます。
結果、呼吸を浅くしてしまい倦怠感や頭痛、自律神経の乱れやすい身体になってしまいます。
また、その(肺を抱え込む様な)姿勢をとることにより、身体の屋台骨となっている背骨や骨盤に歪みが生じ更に新陳代謝を落としてしまうのです。

カイロプラクティックは、その歪んだ骨格を正しい位置へ導くことができ、代謝を戻し " 筋肉 " への負担を減らすことが出来ます。そして、姿勢が良くなることで呼吸がしやすくなり、疲れにくい身体になっていく事が出来ます。

肺を抱え込む様な姿勢と良い姿勢

姿勢が気になる、疲れやだるさ、頭痛を感じやすい方はひょっとすれば呼吸が浅くなっているかもしれません。
その様なお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度カイロプラクティックを受けてみましょう!!

「骨格矯正」「姿勢改善」「倦怠感」のことなら
西荻窪北口接骨院

ページトップへ